原因を見つけて対処|小顔矯正を受けることで顔を小さくする

女性

施術の種類

ドクター

加齢によって、顔の筋肉が落ちてきて皮膚がたるんでしまいます。それが原因で顔が大きくなってしまうのです。そこで、小顔矯正の1つの術式でたるんだ皮膚を持ち上げることで改善する方法があります。たるんでしまうとそれが原因でしわなどが生じてしまいます。そこで皮膚を切除して縫合する方法で小顔にすることができます。しかし、近年ではメスを使用しないプチ整形が主流になっています。ポラリスという矯正する術式がありますが、これはメスを使わず、顔のたるみを改善していく治療です。レーザーを当てることで、コラーゲンを増やすように仕向けるのです。そうすることで、内側から肌が引き締まり、たるみが改善されるのです。その結果小顔効果が得られます。またしわも自然に解消されるために痛みを感じることなく、効果を実感できるのです。従来のレーザー治療に比べて、ポラリスは高い浸透力があるので最小限のリスクで治療を行うことができるのです。特に痛みに弱い方でも無理なく、治療を受けられるほどです。このポラリスは施術後すぐに効果を実感することができるので人気の施術となっています。その他の矯正方法には、サーマクールという高周波を使って内側から肌を引き締める方法もあります。これは、振動の効果で痛みが軽減するためにポラリス同じく、痛みに弱い方でも受けることが可能なのです。サーマクールは高い引き締め効果と照射効果で確実にたるみを改善できるため小顔になれるのです。またサーマクールの効果でハリを整えだけでなくきめ細かな肌質へと導いてくれるのです。そして、もう一つおすすめの矯正できる施術があります。これはフェザーリフトといって、特殊な糸を使って肌を引き上げる治療方法です。これは誰でも確実にたるみを改善することができます。使用する特殊な糸は、時間が経つと自然に体内に吸収されるため傷跡の心配もなく、副作用もほとんどないのです。糸が体内に吸収される際にはコラーゲンの増進の期待ができるためにたるみ改善をしながら小顔効果をもたらし肌の引き締めも行ってくれるのです。どれも効果が得られると実証されているので、自分に合った施術を選んでいきましょう。